脱毛期間中のお手入れ方法!ツルスベ肌を目指す

ハテナマークを手に持っている

「脱毛始めたら自分でもうケアをしなくてもいいの?」

と思いがち。

脱毛回数をこなしていくごとに毛量が減っていくので、それに従って自己処理の頻度も少なくなっていきます。

ということは、ムダ毛が自分で気にならなくなるまでは自己処理は必要だという事。

脱毛期間中のお手入れ方法を心得て、よりキレイな仕上がりを目指しませんか?

お手入れ方法をあげていきましょう。

カミソリより電動シェーバーで!

今まで電動シェーバーでムダ毛の処理をしてきた人はそのままで問題ないですが、カミソリで自己処理をしてきた人は電動シェーバーに切り替えた方が良いです。カミソリは毛と一緒に肌も削りとってしまうので、皮膚に見えない傷をたくさんつける事になります。そうすると、埋没毛や毛嚢炎などの皮膚トラブルに見舞われてしまうのでオススメ出来ません。
埋没毛や毛嚢炎が出来ている場所に、脱毛の照射をあてることはできないので、脱毛期間中の自己処理にカミソリを使用するのは避けましょう。

毛抜き厳禁!

ピンセットなどで毛を抜き処理していた人も注意が必要です。毛を抜くと毛周期のバランスが崩れてしまうため、毛周期に合わせて脱毛をするサロンに通う場合は厳禁。脱毛効果が落ちてしまうためです。毛周期に関わらず脱毛出来るサロンもありますが、ピンセットで毛を抜く事は肌にも負担がかかります。こちらも埋没毛や毛嚢炎になってしまう可能性があるので、どちらにせよピンセットで毛を抜く行為はやめましょう。

もし埋没毛や毛嚢炎になってしまったら?
度重なる自己処理で埋没毛になってしまった場合、埋もれてしまった毛を表に出さなければその毛は脱毛の光を照射しても効果はありません。埋もれてしまった毛を出来るだけ安全に表に出す方法としてあげられるのがスクラブです。スクラブで優しくこすり、角質を落とす事で埋もれた毛を出す事ができます。
毛嚢炎は放っておいても数日~1週間あれば自然に治癒します。それほど心配の必要がない皮膚炎ではありますが、できてしまった場所によっては気になりますよね。気になったり、症状が酷かったりした場合は皮膚科を受診することもいいと思います。

保湿をしよう!

脱毛前後は保湿が大事。特にオススメしたいのが脱毛前にしっかり保湿しておくこと。肌の水分量が高く潤っていると、脱毛の光の熱がスムーズにいき渡りやすくなり、脱毛効果もグンとアップします。逆に肌が乾燥していると、光が分散されてしいまい脱毛効果が落ちてしまうのです。また、乾燥肌は痛みを感じやすくなり、ヤケドのリスクも上がってしまいます。保湿をすると脱毛後の肌状態もとても良いものに。脱毛後は肌が乾燥します。保湿をしっかりする事で肌が潤い、そこに脱毛効果が加わる事でさらにツルツル美肌になる事ができます。

紫外線対策

脱毛前後の日焼けは厳禁。日焼けは肌ダメージです。ダメージ肌に脱毛照射をしてしまうと、肌への負担が大きく良くありません。日焼けは体が皮膚を守ろうとしてメラニン色素を分泌して起こるもの。メラニン色素に反応させるIPLやSSCなどの脱毛法だとメラニンに過剰反応してしまうため、脱毛時に痛みを感じたりヤケドのリスクも上がってしまうため脱毛ができなくなってしまいます。日焼け肌でも脱毛ができるSHRでも、脱毛前後の脱毛はNG。SHRはメラニンに作用させて脱毛するものではないので、日焼けが落ちつけば脱毛することは出来ます。ですが日焼けでダメージを受けた直後の肌を脱毛することは肌負担であることはSHRも同じ。いずれにせよ紫外線対策はマストです。

自己処理は電動シェーバーで行うこと、保湿はしっかりする事、紫外線の対策をする事。これらの事を気をつけてあげると、脱毛の効果は気をつけていない人に比べてかなり差が出てきます。せっかく脱毛するなら、効果があった方がいいに越したことはありませんよね。

これらのケアを心がけて、ツルツル美肌になりましょう!